読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駿河台経済新聞

神田駿河台から発信する経済・ビジネス・社会情報

集え、遊者たち。ゲームのお祭り「闘会議2015」に行ってきた!

こんにちは。2015年も早いもので一か月が過ぎてしまいました。寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。僕はテストが終わって、ようやく一息ついています。

 

さて、今回僕たちは、1月31日(土)、2月1日(日)に幕張メッセで行われた闘会議2015に行ってきました!

 f:id:SurugaD:20150201150403j:plain

闘会議2015ってなに?

ニコニコ会議で常に人気を博し年々拡大を続けてきた「ゲームエリア」。そんなゲームエリアをただ拡大させるだけではなく、「アナログデジタル融合した全く新しいゲームイベント」をして開催されるのが「会議」である。 正式名称は「会議2015 GAME PARTY JAPANゲーム実況ゲーム大会の祭典~」。キャッチコピーは「集え、遊者(ゆうしゃ)たち」。コンセプトは古今東西あらゆるゲーム幕張集合!」

 

ということで、今回は数多くのゲーマーが集まり、熱気に満ちた会場の様子をレポートしていきたいと思います。

 

 

僕たちは、初日の1月31日に行ってきました。朝一番に会場に行ったのですが、すでに会場には多くのお客さんの姿が!!

f:id:SurugaD:20150201150558j:plain

 

会場内には、有名な企業が様々なブースを展開していました。

 

LINEブース。

f:id:SurugaD:20150201151357j:plain

無料通話アプリLINEでおなじみですが、LINE以外にも様々なゲームアプリを配信しており、LINEツムツムやポコパンなど一度は遊んだことがある人も多いのではないでしょうか。ブース内では、LINEのゲームアプリを使った対戦イベントやLINE活用講座などが開催されました。

 

 

任天堂ブース

f:id:SurugaD:20150201151420j:plain

マリオでおなじみの任天堂

 

 

白熱のゲーム大会 

各企業のブースのほかにも、ゲーム大会ステージや実況ステージ、自作ゲームの展示スペースなどもありました。

 

ゲーム大会ステージf:id:SurugaD:20150202225652j:plain

僕たち行った初日は、大人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」通称:スマブラの大会が行われていました。参加自由ということもあり、数多くの参加者がエントリーしていました。参加自由とはいっても、参加しているのはやはり腕に自信のある猛者ばかり。白熱した試合が続き、会場には歓声が響きわたっていました。

 

 

リアルゲームエリア

f:id:SurugaD:20150202230103j:plain

こちらのステージでは、サッカーゲームをリアルに体感できるとのこと。一体どういうことなのでしょうか。なんと、会場内にはゼッケンをつけた人々が!! 写真ではわかりづらいかもしれませんが、一人が一人の選手を操作して、11人対11人でサッカーゲームを行っていました。会場内には、ゴールが設けられ審判もしっかりといるというこだわりよう。ゲーム内でイエローカードが出されると、実際に審判がプレーヤーのところに行って、カードを出すというような場面も見られました。

 

 

デジタルなゲームだけでなく、謎解きやポーカー、花札といったアナログゲームもあり、大変賑わいを見せていました。 個人的には普段あまりゲームをしないのですが、会場の盛り上がりに日本のゲーム文化の熱さを体感することができました。

 

4月25日(土)、26日(日)には、闘会議のもととなった「ニコニコ超会議2015」が幕張メッセ1~11ホールすべてを貸し切って行われるので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください!


闘会議2015 ~ゲーム大会とゲーム実況の祭典~

 


ニコニコ超会議2015 公式サイト