読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駿河台経済新聞

神田駿河台から発信する経済・ビジネス・社会情報

スター・ウォーズ展に行ってきました!

 こんにちは! 

 突然ですが、今年の12月にスター・ウォーズ最新作『エピソード7 フォースの覚醒』が公開されますね!

 というわけで今回は、現在六本木で開催中の「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン」に行ってきました!

 

f:id:SurugaD:20150610140140j:plain

 

 

 六本木ヒルズ森タワーの52階までエレベーターで登ると、スター・ウォーズ展の入口があります。

 逆光で見えませんね(笑)

f:id:SurugaD:20150610140220j:plain

 

 ガラス窓は外側に湾曲しており、近づくと足元の景色までよく見えるつくりになっています。

 お客さんも皆さん景色を見ていました。

f:id:SurugaD:20150610140314j:plain

 

ダース・ベイダーと写真撮影

 スター・ウォーズを見たことのない人でも知っている悪役・ダース・ベイダー。なんと彼と一緒に記念写真を撮ることができます!

f:id:SurugaD:20150610141131j:plain

 

 ストーム・トルーパーになった気分ですね! ちなみに後ろの窓にずらっと並んでいるのがストーム・トルーパーです。

 こちらはスマホで撮影した写真ですが、他にもカメラマンの方に特別に写真を撮ってもらうこともできます!(そちらは有料です)

 

 ダース・ベイダーの頭上にはデス・スターの模型がありました!

f:id:SurugaD:20150610150830j:plain

 

f:id:SurugaD:20150610151202j:plain

 

 記念撮影の後はスター・ウォーズの歴史紹介、衣装、ライトセーバーの模型(!)などが展示されていました。残念ですがこちらは写真撮影禁止でした……

 なのでひとつだけ、私が気になった展示の内容を紹介します!

 

スター・ウォーズは日本映画に影響を受けていた!?

 スター・ウォーズシリーズの監督・ジョージ・ルーカスさんは黒澤明監督の大ファンだそうです。

 例えば、C-3POR2-D2というロボットは、『隠し砦の三悪人』という黒澤明監督の映画に出てくる二人の百姓がモデルになっているそうです。

 また、ダース・モールのダブルセーバーは、侍の二刀流から発想を得たとか。

『隠し砦の三悪人』を観た後にもう一度スター・ウォーズを見返すことで、新たな発見ができるかもしれませんね。

 

 

ダース・ベイダーとの2ショットも

 今回私たちは行けませんでしたが、屋上スカイデッキではダース・ベイダーとの2ショット写真を撮ることができます。

 さらに、ライトセーバーを無料でレンタルできるので、映画のワンシーンを再現することもできます。

 ファンのみなさんにとってはたいへんアツいイベントですね!

f:id:SurugaD:20150610152322j:plain

 

 

 現場からは以上です!

 実は、この記事を書いている私は『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』しか観たことがなかったのですが、たくさんの展示を見るなかで、全シリーズを鑑賞したいと思いました! なのでファンの皆さんはもちろん、「スター・ウォーズのことをよく知らない」という方も是非行ってみてください!

 それでは、フォースとともにあらんことを!

 

 

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ展 - 未来へつづく、創造のビジョン 公式ホームページ | 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリ― | 2015

会場:六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内スカイギャラリー

アクセス:

東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩0分 ※コンコースにて直結
都営地下鉄 大江戸線六本木駅」3出口 徒歩4分

期間:6月28日(日曜日)まで

時間:10時~22時(最終入場21時30分まで)

料金:一般1800円、高校生・大学生1200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円

 

 

 

 

スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編

スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編