読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駿河台経済新聞

神田駿河台から発信する経済・ビジネス・社会情報

la kaguに行ってきました!

イベントレポート

みなさまこんにちは!

 

梅雨に入り天気に恵まれない日も多いですがいかがおすごしでしょうか。


御茶ノ水駅から電車で十数分、神楽坂駅前に私たちのおすすめのスポットがあります!

 

それは la kagu というお店です。

 

 

f:id:SurugaD:20150624005617j:plain

 

la kaguは、最近オープンしたお店であり、キュレーションストアとして注目を集めています。「キュレーション」(curation)とは、情報を選んで集めて整理すること。あるいは収集した情報を特定のテーマに沿って編集し、そこに新たな意味や価値を付与する作業を意味します。(人事労務用語辞典)


このお店はキュレーターがおすすめするものを商品として販売すること、「衣食住+知」のライフスタイルを提案すること、という2つの点で今までにない新しい形の商業施設といえます。

 

ここではショッピングや食事、イベントの参加ができます。

 

商品の内容としてはシャツやワンピース、スニーカーなどの衣類やお香・メモ帳などの小物類、オーガニックの調味料、家具、食器、本などが販売されています。

 

f:id:SurugaD:20150624005635j:plain


ここで、お気づきの方もいるもいるでしょうが、オープンして間もない割には建物に年季が入っています(笑)

 

これは、もともと新潮社の倉庫であったところを改造して作られたためであり、建物自体は昭和40年代に建てられています。

 

見えにくいでしょうが、1階部分はガラス張りという斬新なつくりになっています。外観や、内観の一部には倉庫であった頃の名残がみられます。


店員さんの話によると、その設計デザインは隈研吾さんというその道でかなり有名な建築家の方が手掛けていて、商品ではなく、建物だけを見に来る方も多いとのことでした(ちなみに隈研吾さんはwikipediaによると愛知万博、ドーリックなどにも関わっています)。

f:id:SurugaD:20150624005653j:plain


使われない倉庫を改築して商業施設にするという発想は、REVALUE(昔からあるものやこれからも大切にしたいものに価値を見出そうということ)というla kaguのコンセプトと密接な関係があると思われます。


また、天井から垂れ下がる照明の感じや木の温もりを感じるテーブルなど、店内のいたるところにこだわりが見られました。音楽もすてきでした。

f:id:SurugaD:20150624005715j:plain

f:id:SurugaD:20150624005724j:plain


1階にはカフェが併設しているので、お買い物の後は、おいしいものを食べながらゆっくりできます。


新潮社の倉庫であっただけあって、2階では作家さんによるトークショーなどのイベントが行われることもあります。

 

就活中でお疲れの方、建築物に興味のある方、お買い物がお好きな方、新しい本に出合いたい方はぜひla kaguに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

アクセス
162-0805
東京都新宿区矢来町67番地
東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口徒歩1分
都営地下鉄 大江戸線 牛込神楽坂駅 A1 出口 徒歩 7 分
JR 総武線 飯田橋駅徒歩 12 分

SHOP 11:00 - 20:00
CAFE 8:00 - 21:00 (20:30 L.O)

 

 

 

自然な建築 (岩波新書)

自然な建築 (岩波新書)

 

 

 

負ける建築

負ける建築