読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駿河台経済新聞

神田駿河台から発信する経済・ビジネス・社会情報

「みん就冬フォーラムin 東京」に行ってきました!

イベントレポート

こんにちは。


冬も本番で寒くなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は先日汐留で行われた「みん就冬フォーラムin 東京」に行ってきたのでレポートしたいと思います。

f:id:SurugaD:20151206204551j:plain

新卒採用が8月から6月に早まったということもあり、12月に入ってからさまざまな合同説明会やセミナーが行われています。

今回参加したのは、大学1〜3年生、大学院1年生を対象とした、業界研究とインターンシップの合同説明会でした。


40社程の企業のブースが設けられ、そこで30分程度の会社概要の説明を聞いた後、質疑応答の時間が設けられていました!

 

また、各ブースで学生は「訪問カード」を提出し、企業が今後の採用活動の参考にするといった仕組みがつくられていました。

f:id:SurugaD:20151206205424j:plain

 

参加企業はメーカーから金融、不動産、マスコミ等さまざまで、外資系も多く、採用試験が他社よりも早く始まる所が参加している印象でした。

 

ちなみに私たちは、

・オープンハウス

ニトリ

・P&G

・LION

ユニリーバ

ユニ・チャーム

のブースに参加してきました。


また、私たちは参加できなかったのですが、その日は5社の講演が行われていました。

今回参加して気づいたこととしては、

・採用サイトが12月中旬にオープンする企業が意外とあること

・もうエントリーが始まっている企業があること

・他の学生の就活準備の進行状況、企業ごとのインターンの重要度が分かる

・知らなかった・関心のなかった企業のことを知ることができる

などが挙げられました。

私たちも合同説明会に参加するのは初めてで、正直まだ早いと思っていましたが、就活の流れや雰囲気をつかむためにも12月に1回は行ってみた方がいいのかなと思いました!

 

会社四季報 2016年 1集新春号

会社四季報 2016年 1集新春号

 

 

 

会社四季報 業界地図 2016年版

会社四季報 業界地図 2016年版