読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駿河台経済新聞

神田駿河台から発信する経済・ビジネス・社会情報

ピクサー展に行ってきました!

 

こんにちは! 

 

新年度を迎え、新しい生活が始まりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて私たちは、東京現代美術館において3月5日~5月29日の日程で開催されている「ピクサー展」に行ってきました!

 

f:id:SurugaD:20160414160325j:plain

 

2005年にニューヨーク近代美術館で始まった「Pixar : 20Years of Animation」は、この10年にわたって世界各国を巡回してきた、巡回型の展示会です。

 

ピクサー・アニメーション・スタジオといえば、『トイ・ストーリー』や『カーズ』などの作品を生み出してきたコンピュータアニメーションの代表ですね!

これまで数々のヒット作品を世に送り出してきたピクサーは、今年で設立30周年を迎えます。

 

この節目を迎えるにあたり今回の日本開催では、昨年公開の『インサイド・ヘッド』と、今年公開の『アーロと少年』を新たに加え、ピクサーの30年間が凝縮された貴重なアートワーク約500点を公開しています!

 

f:id:SurugaD:20160414160357j:plain

 

会場の入り口ではピクサーの大ヒット作品『モンスターズ・インク』のメインキャラクターのサリーとマイクが出迎えてくれます。

 

一緒に記念撮影もできますよ!

 

f:id:SurugaD:20160414155446j:plain

 

マイクが隠れてしまっていますね!立ち位置を間違えてしまいました!

 

 

館内は撮影禁止だったため、以後展示品の写真を載せれないのが非常に残念です…。

 

会場に入るとまず、ピクサーの歩んできた30年間をイラストや写真などで説明された年表を見ることができます。

 

 

続いて作品ごとに展示が分けられた部屋に進んでいきます。

 

コンピュータアニメーションスタジオとしてよく知られているピクサーですが、作品の制作過程において、多くはアナログな作業に時間を割いているそうです。

この展示会では、手書きのデザイン画や木版画などが多数公開されています。

 

また、会場内には原画やデザイン画だけでなく、作中のキャラクター設定が確定する前の、粘土のようなもので作られた立体的なキャラクター像が展示されていました。ピクサーの大人気キャラクターが、作中のデザインに決まるまでの過程を見ることができ非常に面白いです。

 

さらに展示会後半には、幅10メートル超の大型スクリーンでピクサー映画の世界観を表現する大型作品のほか、ショートフィルムなども上映されています。

 

ピクサーがアニメーション制作の際に最も大切にする「ストーリー」「キャラクター」そして「世界観」を存分に感じることができました。

 

これらのアートワーク、一見の価値あり!です!

ピクサー好きの方もそうではない方も、ピクサーの世界観に魅せられてしまうこと間違いなしです! 

 

 

皆さんもぜひ足を運んでみてください!

 

メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々

メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々