読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駿河台経済新聞

神田駿河台から発信する経済・ビジネス・社会情報

コクヨハクに行ってきました!

こんにちは!飯田ゼミ5期です。


4月に入り新年度となりました。 少しずつ暖かくなってきましたが寒暖の差が激しい季節ですので体調にはお気をつけください。


さて、本日私達は3月31日~4月2日に東京・丸の内の東京シティアイで開催されております、コクヨハクにお邪魔しました。


f:id:suruga-econ:20170405110432j:plain


このイベントはクレヨンやノートで知られるコクヨの新たな一面を楽しんでもらうことを目的としており、個性豊かな文房具から雑貨まで様々なものが展示、販売されていました。


 今回はその中でも特に気になったものをご紹介させていただきます。



まずは素敵なデザインの「泡の定規」です。


f:id:suruga-econ:20170405110447j:plain


この商品は長さを数字で表すのではなく、泡を1センチ間隔でデザインすることで長さを測れるようになっています。

 沢山の気泡が綺麗ですね。




 続いては長さが特徴のこのノート。


f:id:suruga-econ:20170405110542j:plain


これはJAXAの特許許可をもらい商品化されたノートで、その長さはなんと75センチ!

 普段使用するには少し長いですが遊び心が面白いですね。




 最後はこの「ストゥープ」という座布団です。


f:id:suruga-econ:20170405110556j:plain


なぜコクヨが座布団?と思われる方も多いと思いますが、これはコクヨが毎年開催している「KOKUYO DESIGN AWARD」というユーザー視点の優れたアイディアを集め、商品化を目指す試みによって生まれた商品です。

 素敵なデザインと機能性から2013年の優秀賞に選ばれ、商品化されました。



これらの他にも普通の文房具とは一味違う、様々な趣向を凝らした商品が多数販売されており、とても面白かったです。




 今回のイベントを通し、文房具は様々な種類があるからこそ、機能性だけでなくデザインにもこだわって他商品との差別化をはかっているのだと感じました。


みなさんも今回紹介した商品を見かけましたら、ぜひご覧になってみて下さい!


f:id:suruga-econ:20170405110629j:plain



グッとくる文房具 2017 (別冊GoodsPress)

グッとくる文房具 2017 (別冊GoodsPress)