読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駿河台経済新聞

神田駿河台から発信する経済・ビジネス・社会情報

「自治体総合フェア2016」に行ってきました!

イベントレポート

こんにちは!

5月も後半となり、だんだん暑くなってきましたね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、私達は東京ビックサイトにて、5月18日~20日に開催された自治体総合フェア2016に行ってきました。

 

f:id:SurugaD:20160521015615p:plain

 

日本経営協会NOMAが主催していて、課題に対する具体的なソリューションを提供するとともに、自治体経営の革新・常務効率化・行政サービスの向上を図り、豊かで魅力のある地域社会の実現に寄与することを目的としているそうです。

 

このフェアでは、「ICT地域情報化」「災害対策・危機管理」「健康・福祉・子育て」「公共施設・オフィス環境」「まちづくり・ひとづくり」「eco・エネルギー」の6つの展示エリアに分かれています。

 

このうちのいくつかを紹介していきたいと思います。

 

まず、公共施設・オフィス環境エリアの株式会社イトーキに行きました。

そこで説明していただいたのはLANSheet Lightです。

 

f:id:SurugaD:20160521015629p:plain

 

これは無線LANのように電波を遠くに飛ばさず、シートに閉じ込めるため、情報漏えいや外部からの攻撃を軽減することができるというものです。これによって、目的やスペースに応じて「安心」「安全」なネットワーク環境を実現し、ペーパーレス環境を簡単に実現できるという画期的なシートです。

 

次に、まちづくり・ひとづくりエリアのPanasonicに行きました。

そこで説明していただいたのは環境計画支援VRです。これは、3D空間の中で、計画検討、プレゼンテーションが可能な事業促進ツールです。

自治体が市民に細かいことを伝えるために開発したものらしいです。

実際につけて体験してみました!

 

f:id:SurugaD:20160521015651p:plain

 

本当にその場にいるような感覚でした!

 

続いて、eco・エネルギーエリアに行きました。

これはアイリスオーヤマの節電効果抜群のLED照明です。

 

f:id:SurugaD:20160521015659p:plain

このLEDは高い省エネ性能で、私たちが目にする既存の光源と比較すると同等の明るさながら、年間電気料金を最大74%も減らしてくれます。防犯灯としても使われており、このLEDによって街の安全と景観に彩りを提供し、私たちを照らし続けてくれるので、安心感得られます。

 

最後に、災害対策・危機管理エリアに行きました。

これは風憩セコロという会社のレスキューベンチ、その名も「スクーザ」です。

 

f:id:SurugaD:20160521015712p:plain

名前の由来は救うに座るでスクーザになったとのこと。このベンチの見た目は普通のベンチと変わりませんが、この中にはバール、ジャッキ、ロープが搭載されていて、人命救助に大変役立ちベンチです。ついこの間、熊本地震があり、最近になっても、地震が多い今、必須アイテムに感じますね。

ちなみにですが、あまり売れてないとのことでした!

 

自治体での活動をこんなにも身近に感じることができるとは思ってもいませんでした。様々な創意工夫がなされ、斬新なアイデアといい、私たち自身すごいためになりました。

毎年、行われているそうなので、来年、みなさんもぜひ行ってみてください!

f:id:SurugaD:20160521015730p:plain

 

 

 

人口減少時代の自治体経営改革―日本のあしたのつくり方

人口減少時代の自治体経営改革―日本のあしたのつくり方

 

 

 

 

「アド・ミュージアム東京」に行ってきました!

イベントレポート

 

 

こんにちは!

 

いよいよ5月も後半に入りました。

これから梅雨の時期がやってくる前に、たくさん外に出掛けておきたいですね!

 

 

さて、今回私たちはアド・ミュージアム東京という広告とマーケティングの博物館に行ってきました!

 

 

f:id:SurugaD:20160518102949j:plain

 

 

 

広告とマーケティングに関する研究の振興と社会的理解の醸成を目的とする、日本唯一の広告のミュージアムです。

 

 

館内には、広告作品を公開展示する展示スペースや、広告及びマーケティングの専門図書を閲覧できる広告図書館があります。

 

また、展示スペースでは常設展に加えて、年に約12回企画展が開催されており、今回5月17日〜7月30日は「世界を幸せにする広告 ―GOOD Ideas for GOOD―」と題して、社会課題に取り組んでいる優れた世界の広告作品をご紹介しています。

 

 

アド・ミュージアム東京では通常館内の撮影が一切禁止となっていますが、今回は特別に許可をいただき撮影することができました!!

 

このような腕章をつけてたくさん写真を撮ってきたので紹介していきたいと思います!

 

f:id:SurugaD:20160518104014j:plain

 

 

では早速紹介していきます!

 

 まず、入り口を入ってすぐの所に広告図書館がありました!

 

 

 

f:id:SurugaD:20160518104646j:plain

 

f:id:SurugaD:20160518110449j:plain

 

 

広告図書館は、広告およびマーケティングに関連する和書約1万2000冊、洋書約2700冊、雑誌約160種を所蔵している専門図書館です。   

 

 

綺麗な内観と静かな落ち着いた雰囲気で、居心地抜群でした。

 

 

また、図書館内には図書を閲覧できるスペースもあります。

 

早速利用してみました!!

 

 

f:id:SurugaD:20160518112632j:plain

 

 

とてもリラックスできて、集中して本が読めました。

ちなみに写真に写っている雑誌は広告に関するものですよ!

 

 

この広告図書館、本の数の多さにとても驚きましたが、なんといっても専門的な種類の図書が多数揃えられていて非常に興味深かったです!

 

 

歴代の広告やCMに関する資料もたくさんありました。

興味がある方はぜひおすすめです!

 

 

 

次に展示スペースに進んでいくと、

江戸時代から現代までの広告が年代ごとにずらりと並べられた常設展がありました。

 

先ほど展示スペースには常設展と企画展があると言いましたが、今回は主に常設展の広告を年代別に紹介していきたいと思います。

 

 

 

まず最初は江戸時代です。

 

まだマスメディアが成立していなかった江戸時代ですが、大都市では商人たちが顧客獲得のため、現在の広告活動のようなことを行っていました。

 

f:id:SurugaD:20160519040336j:plain

 

錦絵にさりげなく店名や商品名を刷り込んだり、歌舞伎などの流行りものに乗せて、芝居のセリフに商品名を入れるなどの手法で宣伝していたのが江戸時代の特徴です。

 

 

 

次に、明治時代です。

 

この時代になるとニューメディアとしての新聞・雑誌が登場し、多彩な情報を広く・効率よく伝達できる広告メディアとして中心的な地位を獲得しました。

 

そこから、新聞広告を取り次ぐ広告代理業が発達していきました。

 

f:id:SurugaD:20160519061353p:plain

 

 

これはたばこの広告ですね。

 

ポスターのデザインは明治後期に入ると、既存の美術画の流用ではなく、広告に向けたそれ専用のものが作られるようになります。

 

 

 

次は大正時代です。

 

日本経済の発展を背景に都市化が進み、生活文化も西欧化していきます。

また、この時期コピーライターなどの職業の誕生から、広告業界の成長が感じられます。

 

 

f:id:SurugaD:20160519040816p:plain

 

この広告は今でもおなじみカルピスです。

美人画と ”初恋の味カルピス” の名コピーは日本中にカルピスのイメージを印象付けました。

 

この頃消費社会の文化が根付き、広告も消費を煽るようになっていきます。

 

もうすでに現在の広告の雰囲気と似ていますね。

 

 

 

そして、 昭和時代です。

 

戦争により一旦広告界は冬の時代に突入するものの、高度成長期に入り、消費が美徳と考えられるようになると、更に消費を煽るような広告になっていきます。

 

この時代は、広告がいかにして上手いことその物の良さを宣伝できるか、といったアート的な要素を持つようになりました。

 

f:id:SurugaD:20160519041731j:plain

 

これは1964年の東京オリンピックを宣伝したものです。

全く古さを感じさせないデザインと一目でわかるインパクトがありますね。

 

また、ラジオ・テレビなどが誕生し、新しいマスメディア時代が到来しました。

 

 

 

最後に平成です。

 

バブル崩壊後大量消費社会への疑問を抱き、これまでの生活に疑問を投げかけるような広告が誕生します。

 

f:id:SurugaD:20160519042015j:plain

 

震災後は国民を励ますような広告などが登場し、資源・環境などに対する関心も高まるなか、広告は「マスメディアを駆使した広告活動」と「多彩なプロモーション活動」を一体した戦略的で多様な活動へと発展していきました。

 

広告は単なる商品宣伝を超えたものとなり、現在まで進化を続けています。

 

 

 

このように年代ごとの広告が多数展示されていて、広告史の流れを目で見て感じることができました。

 

また、展示スペースには広告だけでなく、懐かしの商品なども展示されていて、現在のデザインとの違いを見比べたりしながらとても楽しめました。

 

その他にCMなども年代ごとに見ることが出来たりと盛りだくさんです!

 

大人から子どもまで幅広い年代で一緒に楽しめるので、ぜひ家族などで行ってみるのもおすすめです!

 

興味がある方は是非一度足を運んでみて下さい!

 

そして、なんといっても入場料が無料なので興味がない方でも行ってみる価値ありですよ!!

 

f:id:SurugaD:20160519065405j:plain

 

 

 

この1冊ですべてわかる 広告の基本

この1冊ですべてわかる 広告の基本

 

 

 

?ACC 50周年企画DVDシリーズ? もう一度観たい 日本のCM 50年

?ACC 50周年企画DVDシリーズ? もう一度観たい 日本のCM 50年

 

 

 

 

「第2回 国際ドローン展」に行ってきました!

イベントレポート

 

こんにちは。

最長10連休の長い長いゴールデンウィークも終わり、暖かい日も増えてきましたね。

 

さて、私達が今回お邪魔したのは、4月下旬に幕張メッセで開催された一般社団法人日本能率協会主催「第2回 国際ドローン展」です。

f:id:SurugaD:20160512224620j:plain

近年注目が集まっているドローン。そのメリットは有人航空機と比較して低コスト、人間の立ち入りが困難な場所における効率的な作業など、数多く挙げられます。ドローンに関連する構成技術から実用例までを幅広く紹介する日本唯一のイベントであるとのことで、あらゆる用途に応じた特徴のあるドローンも多数展示されていました。では早速、その様子を見ていきましょう。

 

まず、PRODRONE社製のPD4-AWです。こちらのモデルはバッテリーを搭載せず、有線給電システムを採用したことで40分間の長時間飛行を実現しました。また、水面への着水が可能なのも大きな特徴です。

f:id:SurugaD:20160512231942j:plain

 

こちらもPRODRONE社製のモデルですが、配送専用とのこと。なんと30kgまで搭載可能というのだから驚きです。

f:id:SurugaD:20160512232031j:plain

 

 

続いてこちらは菊池製作所社製の災害時に活躍するドローンです。あらかじめ救助対象者の身体にタグを設置することで、本体から発せられる電気を用いた捜索が可能になるという優れモノです。

f:id:SurugaD:20160512233400j:plain

 

この最新技術を利用すれば、今回発生した熊本地震、また東日本大震災のような大規模自然災害の際に、人間が立ち入ることが困難な状況でも捜索活動を行えるのだそう。そういった貴重な説明も聴くことができました。

f:id:SurugaD:20160512233450j:plain

 

ドローン本体のみならず、その部品も展示されていました。

GNAS社が開発した機体の姿勢指示器で、実際の航空機にも同じような部品が取り付けられているとのこと。機体の垂直方向・水平方向の姿勢を分かりやすく表示してくれます。

f:id:SurugaD:20160512235900j:plain

 

f:id:SurugaD:20160512235935j:plain

 部品を上に向けると機体が上に傾き、下に向けると下に傾いている様子が一目瞭然ですね。飛行機のコックピットにもこれと似た計器が設置されているので、「見たことがある」という人も多いのではないでしょうか。

 

そのほか、警察・消防用ドローンや地形測量用ドローンなど様々な展示品がありました。幅広い分野にわたって導入が進んでいることを知り、ドローンがより身近なものに感じるようになりました。また今回は昨年に引き続き2年連続での開催だったこともあり、非常に大勢のビジネスマンで賑わっていました。興味のある方は是非、次回に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ドローン空撮 GUIDEBOOK (玄光社MOOK ビデオSALON別冊)

ドローン空撮 GUIDEBOOK (玄光社MOOK ビデオSALON別冊)

 

 

 

日本郵船創業130周年記念特別展 「モノはこびの未来へ」に行ってきました!

イベントレポート

こんにちは

履修登録期間も終わりましたね。

しっかりと単位を取れるよう頑張っていきましょう! 

 

さて、今回私たちは2月4日~4月17日まで日本郵船歴史博物館にて開催されておりました、「モノはこびの未来へ~海運の明日に向かって舵をきる~」に行ってきました。

 

f:id:SurugaD:20160420063645j:plain

 

このイベントは、海運を中心とする総合物流会社を目指す日本郵船グループの技術研究開発を担うべく設立された株式会社MTI(Monohakobi Technology Institute)主催しており、日本郵船の技術研究開発の歴史に触れるとともに、MTIがコンセプトデザインの開発を担当した「NYKスーパーエコシップ2030」の新しい省エネ技術や、ビッグデータの活用事例から『モノはこび』の未来に向けた積極的なチャレンジを紹介しています。

f:id:SurugaD:20160420065413j:plain

NYKスーパーエコシップ2030

 

館内には常設展示スペースと企画展示スペースがありました。

 

常設展示スペースでは日本郵船の歴史を年代順に鑑賞することができ、日本郵船の誕生から現在の日本郵船グループの事業までを模型や映像で見て取ることができます。

特に豪華客船時代の船内の様子を再現したエリアは優雅な雰囲気で圧倒されました。

 

 

 そして、企画展示スペースで開催されていたのが、「モノはこびの未来へ」です。

 

ここで私たちが特に注目したのが配船計画へのビッグデータやシミュレーションの活用です。配船計画とは、海域や航路(サービス)に対して、どの船種をいつ、どのくらい投入するかを計画することで、計画立案には、陸上や船上で得られるさまざまなデータを活用しています。

 

運航シミュレーション

・過去十年間の気象データを基に、出航時間やスピードなどの条件を変えることで何万通りもの航海をシミュレーションします。

・シミュレーション結果から、季節毎の航海時間、燃料消費量の平均や変動幅を予測し、配船計画の決定に活用しています。

 

AIS(Automatic Identification System:船舶自動識別装置)

・船ごとの情報(船名、緯度経度、針路、船速、目的地など)を発信する無線機器です。

・国際航海に従事する300総トン数以上の全ての船舶などで、搭載が必須とされています。

・全世界のAIS搭載船の情報を、衛星AISサービスで得ることが可能です。

 

気象データ

・海上の気象や海象(波、潮流など)データ:予測値や実測値が民間サービスや官公庁から提供されます。

 

主にこの三つを駆使することにより、安全かつ効率の良い運航を可能にしているそうです。

 

 なかなか私生活では身近に感じることのない船ですが、日本の貿易量の99%以上をシェアしていると聞くと船に感謝してもしきれませんね(笑)

 

f:id:SurugaD:20160420065730j:plain

 

今回、館内は撮影禁止であったため、写真を載せることはできませんが、NYKスーパーエコシップの忠実な模型や詳しい映像・パネル解説があったりと内容盛りだくさんでした。

 

今回のイベントは終わってしまいましたが、4月23日~7月10日までザ・模型-NYK Model Ship-が開催されているので、横浜に行く際には、少し立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

史上最強カラー図解 プロが教える船のすべてがわかる本

史上最強カラー図解 プロが教える船のすべてがわかる本

 
ダイナミック図解 船のしくみパーフェクト事典

ダイナミック図解 船のしくみパーフェクト事典

 

 

 

 

ピクサー展に行ってきました!

イベントレポート

 

こんにちは! 

 

新年度を迎え、新しい生活が始まりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて私たちは、東京現代美術館において3月5日~5月29日の日程で開催されている「ピクサー展」に行ってきました!

 

f:id:SurugaD:20160414160325j:plain

 

2005年にニューヨーク近代美術館で始まった「Pixar : 20Years of Animation」は、この10年にわたって世界各国を巡回してきた、巡回型の展示会です。

 

ピクサー・アニメーション・スタジオといえば、『トイ・ストーリー』や『カーズ』などの作品を生み出してきたコンピュータアニメーションの代表ですね!

これまで数々のヒット作品を世に送り出してきたピクサーは、今年で設立30周年を迎えます。

 

この節目を迎えるにあたり今回の日本開催では、昨年公開の『インサイド・ヘッド』と、今年公開の『アーロと少年』を新たに加え、ピクサーの30年間が凝縮された貴重なアートワーク約500点を公開しています!

 

f:id:SurugaD:20160414160357j:plain

 

会場の入り口ではピクサーの大ヒット作品『モンスターズ・インク』のメインキャラクターのサリーとマイクが出迎えてくれます。

 

一緒に記念撮影もできますよ!

 

f:id:SurugaD:20160414155446j:plain

 

マイクが隠れてしまっていますね!立ち位置を間違えてしまいました!

 

 

館内は撮影禁止だったため、以後展示品の写真を載せれないのが非常に残念です…。

 

会場に入るとまず、ピクサーの歩んできた30年間をイラストや写真などで説明された年表を見ることができます。

 

 

続いて作品ごとに展示が分けられた部屋に進んでいきます。

 

コンピュータアニメーションスタジオとしてよく知られているピクサーですが、作品の制作過程において、多くはアナログな作業に時間を割いているそうです。

この展示会では、手書きのデザイン画や木版画などが多数公開されています。

 

また、会場内には原画やデザイン画だけでなく、作中のキャラクター設定が確定する前の、粘土のようなもので作られた立体的なキャラクター像が展示されていました。ピクサーの大人気キャラクターが、作中のデザインに決まるまでの過程を見ることができ非常に面白いです。

 

さらに展示会後半には、幅10メートル超の大型スクリーンでピクサー映画の世界観を表現する大型作品のほか、ショートフィルムなども上映されています。

 

ピクサーがアニメーション制作の際に最も大切にする「ストーリー」「キャラクター」そして「世界観」を存分に感じることができました。

 

これらのアートワーク、一見の価値あり!です!

ピクサー好きの方もそうではない方も、ピクサーの世界観に魅せられてしまうこと間違いなしです! 

 

 

皆さんもぜひ足を運んでみてください!

 

メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々

メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々