駿河台経済新聞

神田駿河台から発信する経済・ビジネス・社会情報

後期に扱った本・論文の紹介 ②

こんにちは!
先週に引き続き、今週も後期で扱った本や論文についてご紹介していきます!

【本】(今週は地域系です!)

1.『家族の幸せの経済学』山口 慎太郎 著
現代では結婚や子育てなど様々なテーマについて数多くの議論がされています。「子供には母親の母乳が1番!」「3歳までは母親がつきっきりで子育てすべき」など、多くのことが言われていますが、その中にはエビデンスを無視した思い込みが多いのも確か。そんな結婚・子育ての悩みを、経済的観点から分析する、新しい価値観を提供してくれる本でした!

2.『年収は住むところで決まる』エンリコ・モレッティ
「いい仕事」とはどこにあり、そしてそれはなぜ特定のエリアに集結するのか。アメリカでの振興都市と、人口流出や失業率の上昇に悩める都市を比較し、その要因を分析しています。これから就職活動を控える私たちにとって、非常に興味深い内容でした!

年収は「住むところ」で決まる  雇用とイノベーションの都市経済学

年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学

  • 作者:エンリコ・モレッティ
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2014/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

3.『行動経済学の使い方』大竹 文雄 著
この本は「ナッジ」にフォーカスしています!ナッジとは、人間の行動特性をふまえ、自由な選択を確保しつつ、より良い意思決定をうながし、より良い行動を引き出す。その知恵と工夫のことを言います!多くの実証研究に基づいて論理が展開されていて、説得力があり、学生でもサクサク読める本でした!

行動経済学の使い方 (岩波新書)

行動経済学の使い方 (岩波新書)

4.『都市は人類最高の発明である』エドワード・グレイザー 著
人類の進歩について都市が果たしてきた役割を分析します。「都市は人が行き交い、様々なコミュニケーションのなかで刺激しあい、新たなイノベーションを生み出す原動力になる」など、都市の重要性について述べられています!

都市は人類最高の発明である

都市は人類最高の発明である

5.『都市の原理』ジェイン・ジェイコブス
都市の成長や衰退はどのようにして起こるのか。その原理を都市と農業の関係や、「輸出」「輸入」それぞれの観点から分析しています!都市成長のメカニズムについて学べる興味深い内容でした!

都市の原理 (1971年)

都市の原理 (1971年)


【論文】
1.『出生率の決定要因』足立 泰美、中里 透
https://www.jcer.or.jp/jcer_download_log.php?post_id=53805&file_post_id=53802
出生率の決定要因を、都道府県別データを利用して分析した論文です。女性の賃金率や就業率が上昇は、出生率にどのような影響をもたらしているのかが検証されており、その結果も面白いものでした!

2.『人口高齢化と公教育費の変遷』宮錦 三樹、木村 真樹
https://www.jcer.or.jp/jcer_download_log.php?post_id=53774&file_post_id=49200
高齢化が急速に進む日本において、現在は全ての都道府県で高齢者の人口が子供の人口を上回っているそうです!高齢者の人口割合が多いと、若者の教育に充てられるお金が減るのではないかと研究しています!

3.『教育意識の基礎的パネルデータ分析』藤原 翔
https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/panel/dp/PanelDP_092Fujihara.pdf
高学歴志向、学校外教育投資志向、学歴社会観の3つの教育意識について、その変動要因を明らかにする論文です。個人の出身背景や、収入、結婚、子供の有無など、様々な要因について分析しています!

4.『学歴間の賃金格差は拡大しているのか』何芳、小林 徹
https://www.pdrc.keio.ac.jp/uploads/DP2015-002.pdf
大卒・高卒間の違いに着目し、賃金格差が拡大してるかを検討している論文になります。賃金格差だけでなく、就業形態・就業率にも着目し、パネルデータを用いてその変化を分析しています!

5.『バブル経済期前後における雇用増加率の地域間格差に関する産業連関分析』是友 修二、阿部 宏史、新家 誠憲
https://www.jstage.jst.go.jp/article/srs/39/3/39_3_709/_pdf/-char/ja
日本の中心産業は、1990年を境に製造業からサービス業に変化しました。論文ではその中で雇用増加率の地域間格差が拡大したことに着目し、産業別の雇用増加率に対する各地域の寄与度の変化とその要因を時系列で分析しています。

本日で3年後期の授業は終了となります!
お疲れ様でした!!
4年生の卒論発表が楽しみですね!!

後期に扱った本・論文の紹介

新年あけましておめでとうございます!
2020年も飯田ゼミナールをよろしくお願いします。
いよいよオリンピックイヤーに突入で、とてもワクワクしています!今後、夏に向けての盛り上がりが楽しみです!

さて今年1発目のブログでは、後期のゼミで扱った統計系の本3冊と論文3本をご紹介します!

まずは本の紹介です。

1.『 実証分析のための計量経済学』 山本 勲 著
計量経済学を用いて分析を行うにあたって、必要な知識や手法を学べる本。理解に時間がかかったり手法が難解であるような単元も、実際の論文が実例として記載されており、卒論にこれから取り組んでいくうえで非常に参考になりました。

実証分析のための計量経済学

実証分析のための計量経済学

2.『人工知能と経済』 山本 勲 著
現在「人工知能(AI)」という言葉が、新聞や報道番組で毎日のように聞かれるようになりました。この本では、経済学の多様なフィールド(マクロ経済、労働、教育、金融、交通、生産性)が取り上げられ、AIが今後普及するにつれどのような影響があるのか、過去から最新の技術進歩エピソードや研究動向を整理し、様々な知見をもとに、今後の技術進歩の社会経済に与える影響や留意点が述べられています。今まで何となくの理解であった「人工知能」をより深く学ぶことができました!

人工知能と経済

人工知能と経済

3.『実証分析入門 データから「因果関係」を読み解く作法』森田 果 著
実証分析を基礎から発展的なところまで学ぶことができる1冊。数式だらけではなくユニークな具体例を用いての解説など非常に読みやすく、実証分析の導入の学習に役立ちました。卒論の際にも参考にしたいと思います。

実証分析入門  データから「因果関係」を読み解く作法

実証分析入門 データから「因果関係」を読み解く作法

次に論文の紹介です。

1.『パネル調査から見る働き方、生活時間、世代間支援』
—「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2017」の結果から—
石田浩 藤原翔 白川俊之 石田賢示
東京大学社会科学研究所
https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/panel/dp/PanelDP_105.pdf

卒論を書く前に、実際の経済学分野の論文を授業内で扱いました。この論文では、JLPSデータを用いて働き方やライフスタイルに関する調査を行っていました。長時間労働メンタルヘルスに影響を与えるか、正社員としての就業希望を実現した人とそうでない人の違い等、勤労についての分析を男女別に行っており、手法だけでなくその内容も非常に参考になりました。

2『高校新卒者の進学行動と最低賃金』 北條 雅一
https://www.jcer.or.jp/jcer_download_log.php?post_id=53805&file_post_id=53796

海外では、最低賃金が上昇すれば、進学率が下がるという負の影響が多数報告されています。この論文では、日本の地域別最低賃金の上昇が、高校新卒者の進学行動にどのような影響を与えるのか、という分析が行われていました。個別データではなく、都道府県データを用いている点が前述の論文との違いです。普段私たちは「進学」と聞くと「大学に行くか、行かないか」という選択を思い浮かべますが、この論文では、短大・専門学校・大学進学・就職という複数の観点で考察されており、その結果も面白いものでした。

3.『居住地域における所得状況が生活満足度に与える影響』 水落 正明
https://www.jcer.or.jp/jcer_download_log.php?post_id=53818&file_post_id=53814

この論文では、居住地域における所得状況が生活満足度に与える影響について分析が行われていました。絶対的な所得額だけでなく、居住地域の基準所得も分析に加味していて、非常に現実的な分析が行われていました。また、データには三重県の五市のデータが用いられていました。したがって、この論文から小地域における所得状況とそれが生活満足度に与える影響について知ることができます。生活満足度を扱うテーマは卒論でもよく取り上げられるため、そのお手本として参考になりました。

4.『何歳で結婚すると離婚しにくいのか』 佐藤 一磨
https://www.pdrc.keio.ac.jp/uploads/DP2017-011_jp.pdf

現在日本では晩婚化が進んでおり、初期年齢の変化と少子化との関係について様々な分析がなされています。この論文は、初期年齢と離婚にどのような関係があるのかを分析した珍しい研究となっています。分析の結果、ある歳を境にして離婚確率が変わることが分かりました。ほかにも学歴別の初婚年齢と離婚関係も分析されていて、大変興味深いものでした。

5.『経済のサービス化と雇用創出の地域間格差 産業連関表に基づく分析』阿部 宏司 パク・サンチュル 永禮 拓也
https://www.jstage.jst.go.jp/article/srs/35/1/35_1_17/_pdf/-char/ja

東京圏では第三次産業への移行が著しく、現在8割近くがサービス業と言われています。この論文では、サービス化の中で雇用創出に見られる地域間格差の動向を、夏合宿でも扱った産業連関表を用いて分析している論文です。分析結果から成長格差が顕著な部門や成長寄与度の東京圏と地方圏との部門の違いが見え、格差是正の課題解決の手法の1つが明らかになりました。

★ゼミ試関連pert4★ 政経セミナーってなにやるの?

今回のテーマは政経セミナーです。政経セミナーとは政治経済学部のゼミナールに所属する学生の共同論文集として毎年発行されるものです。私たちは、前回紹介した福島県いわき市での夏合宿にて行ったフィールドワークを基に論文を作成し、政経の卒業生や二年生に発表しました。論文は社会統計班、経済統計班、フィールド班に分かれて調査、執筆をしました。それでは班ごとの内容をざっくり紹介したいと思います。

1、社会統計班

社会統計班では、センシュアスシティランキングという指標を使い、魅力ある都市(幸福で居住希望度の高い都市)になるには外食産業を発展させることが重要と仮説を立てました。その仮説を立証するため、前期に習った統計学の重回帰分析という技法を用い検証しました。結果は外食に行く頻度と幸福度は相互に関係があり、外食の頻度と幸福度が居住希望度を強めることがわかりました。面白かったのは大都市に住むことが居住希望度を高めるわけではないということでした。統計学を習うと、こんな面白いことも発見できるんですね!

f:id:suruga-econ:20191107000638j:image

 

2、経済統計班

経済統計班では、前期に学んだ産業連関表を使い、外食産業を発展させるとどのくらいの経済効果があるのかを検証しました。産業連関表とは国内や地域内での財やサービスの産業間取引を示したものです。産業連関表を使うと地域の経済構造、生産波及効果が分かります。福島県いわき市を産業連関分析すると、3つのことが分かりました。

①飲食業の利鞘が大きく低価格競争が行われてない

②飲食業の生産額シェアが低い

③飲食料品の地産地消率が低い

ここからいわき市は飲食産業を発展させる余地があり、地産地消率を上げれば大きな経済効果をもたらすことが分かりました。現在の福島県では飲料市場の需要を県内の飲食市場で賄うだけで2.4億円の純増効果があることも分かりました。産業連関表を学ぶとこんなにも細かい試算までできちゃいます!

f:id:suruga-econ:20191107000712j:image

 

3、フィールド班

フィールド班では外食産業を発展させる方法を考察しました。いわき市のフィールドワークを通じて飲食店が少ないこと、低未利用地が多いといった課題をみつけました。そこで前期に習った法律(コモンズ協定)を使い、具体的な土地の集約方法を考えました。飯田先生に教わったことがこんなところにまで役立つなんてワクワクしますね!

f:id:suruga-econ:20191107000541j:image

 

飯田ゼミでは、授業で学んだ事をプレゼンや夏合宿のフィールドワーク、政経セミナーで実際に使うことでより深い学びを得ることができます。知っているだけでは終わらず使える状態を目指しています。より深い学びを得たい学生にとってはこれ以上ない場所ではないでしょうか。二年生の皆さん、健闘を祈っています。

 

 

 

★ゼミ試関連part3★ 夏合宿2019

今回のテーマはずばり「夏合宿」です!今年の舞台は福島県いわき市。実際にいわき市平地区においてフィールドワークを行い、最後に地元の方々を前に地域活性化に向けたプレゼンテーションを行うという予定でした!ここから全4日間分まとめてご紹介していきます!

【1日目】

集合場所はいわき駅。東京駅から高速バスで約3時間、電車を使えば約2時間で到着できます!

お昼に集合したゼミ生一同はすぐにアリオスパークフェスが行われている平中央公園に向かいました。地元のお祭りに参加し、良いゼミ合宿のスタートとなりました!

f:id:suruga-econ:20191030094256j:image

続いていわき市の現状を把握する為に、いわき産学官ネットの荒木次長よりいわき市についての講義をして頂きました。その講義を受けた私たちは、実際に自分たちの目で見る為に街歩きを行いました。街に活気が感じられないのは何故なのか、等の気づきの共有をして1日目の活動を終えました。

【2日目】

この日は朝から地元の方の講義を受けて行動開始!の予定でしたが、、、

なんと台風15号が直撃!!!

予定を切り替え宿で班ごとにプレゼンの為の資料作成を行いました。午後には天気が回復したので、いわき市において起業家の支援などを行うTATAKIAGE Japanの松本様より土地の活用法に関する講義をして頂きました。これにより一層3日目のプレゼンに向けてイメージを膨らませることが出来ました!

f:id:suruga-econ:20191030094348j:image

夜は6期7期合同で飲み会を行いました!2次会では飯田先生や地元の方と合流してBARに向かいました!僕はBARに行ったのが初めてだったので少し緊張していました…が、いい経験になりました!

【3日目】

いよいよプレゼン当日を迎えました!午前中からプレゼンのリハーサル、そして資料のブラッシュアップを重ねるゼミ生には、良い緊張感が漂っていました。

いざ本番!いわき市生涯学習プラザの大会議室にて、TATAKIAGE Japanの方などをご招待し、街づくりに向けたプレゼンテーションを行いました!それぞれの班が準備してきた成果を発揮し、地元の方々が頷きながら話を聞いてくださる姿に大きな達成感を覚えました。皆で資料を調べ、作成し、プレゼンする過程を経て、同期には大きな絆が生まれていたと思います!

f:id:suruga-econ:20191030094451j:image

プレゼン後は地域の方々と共にワークショップを行い、KJ法によっていわき市振興の為のアイデア出しをしました!TATAKIAGE Japanの方々と共に地域振興について考える時間は、ゼミ生にとって非常に有意義な機会となりました!

f:id:suruga-econ:20191030094526j:image

夜は打ち上げ!!ご厚意でVEGASさんを打ち上げ会場として使わせて頂き、ビリヤードやダーツを楽しんで充実した締めくくりとなりました!

f:id:suruga-econ:20191030094558j:image

【4日目】

最終日は2つのグループに分かれ、「スパリゾートハワイアンズ」と「アクアマリンふくしま」にお邪魔しました!

ハワイアンズ班は文字通りハワイアンズに行きました! 中はとても広くて、流れるプールなどの色々なプールや温泉やフラダンスステージなどがあり、まるで日本ではないみたいでした🐬 中でもスライダーのビックアロハがスリル満点で、さすが高低差と距離が日本一だと思いました!

みんなヘトヘトまで遊んで楽しかったですね!!

アクアマリン班はいわき・ら・ら・ミュウにて贅沢な海鮮丼を食べました!

f:id:suruga-econ:20191030094929j:image

アクアマリンの近くには大きなイオンモールがあり、圧巻でした!

なんやかんやで3年女子だけで行動したのは初めてだったそうですが、仲が深まってよかったですね◎

f:id:suruga-econ:20191030094949j:image

そしてこの合宿中に7期のゼミTシャツも完成しました!歴代の先輩たちにも負けないかっこいいデザインですね!!!さあ、後期もこれを着て皆で楽しみましょう★

f:id:suruga-econ:20191030095001j:image

★ゼミ試関連part2★ 前期に扱った本紹介

今回は、前期のゼミで実際に扱った本を紹介します!
 
目次
1、 前期本ゼミで扱った本
2、 前期サブゼミで扱った本
 
1、 前期本ゼミで扱った本
 
1 『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』 伊神満 著
大企業がイノベーション競争において新興企業に敗れてしまう原因を解明した、クレイトン・クリステンセン著「イノベーションのジレンマ」を経済学の理論を用いて鋭く分析した本。実際の論文に近い形の文章構成になっており、論文作成の勉強にもなりました。

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

2 『地域政策』 山﨑朗他 著
これまでの地域政策や地域課題を明らかにしたのち、具体的な解決策や様々な団体の果たすべき役割について述べた本。この本を扱ったことで、いわきでの夏合宿に向け基礎知識をつけることができました。
地域政策 (【ベーシック+】)

地域政策 (【ベーシック+】)

3 『データ分析をマスターする12のレッスン』畑農・水落 著
データ分析を行う際に必要な考え方や理論、手法を紹介した本。飯田ゼミのメイン学習テーマである「計量経済学」をマスターする道のりのなかで、土台となる一冊になっています。
データ分析をマスターする12のレッスン (有斐閣アルマBasic)

データ分析をマスターする12のレッスン (有斐閣アルマBasic)

4 『日本の人事を科学するー 因果推論に基づくデータ活用』 大湾秀雄 著
先述したデータ分析の手法を用いて、日本企業の人事にまつわる問題 (「優秀な社員の定着率を上げるにはどうしたらよいか、等」)を分析した本。就活を控えた私たちにとっては、非常に興味深い内容でした。
日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用

日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用

5 『財務3表一体理解法』 国貞克則 著
この本はこれまで扱った本とはジャンルが異なり、簿記・会計について学べる本です。いわゆる“社会人の教養”を身につけることができたと思います。
【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)

【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)

6 『産業連関分析入門』 入谷貴夫 著
いわきでの夏合宿に向けて、地域の産業構造を把握するのに役立つ“産業連関表”について学べるこちらの本を扱いました。また、同じ時期に千葉市より出されている、『産業連関入門』も扱いました。
 
地域と雇用をつくる産業連関分析入門

地域と雇用をつくる産業連関分析入門

 
2、 前期サブゼミで扱った本
 
 
1 『完全独習統計学入門』小島寛之
データ分析の基礎の基礎を学べる本。簡単な言葉や数式を用いて理論が説明されていて、先生がいないサブゼミの時間でも自分たちだけで読み進めることができました。
完全独習 統計学入門

完全独習 統計学入門

2 『これからの地域再生飯田泰之
我らが飯田先生の著作。様々な分野の専門家が本の中で地域再生について独自の切り口で話をしています。地域再生の政策がうまくいかないことが多い理由が論理的に把握でき、興味深い内容でした。
これからの地域再生 (犀の教室)

これからの地域再生 (犀の教室)